やばっ!ルルシアの返金保証を使うには○○が必要だった!

ルルシアの返金保証|これ知らないとお金が返ってきません!

ルルシア,返金保証

 

このページでは、ルルシア返金保証について詳しく説明しています。

 

ルルシアは定価9,960円とバカにならない値段です。

 

しかも、1ヵ月使ったところで変化を実感することは難しいので、できれば3ヵ月以上は使いたいところ

 

ルルシアは使用者の97.8%がリピートするくらい人気ですが、中には効果を実感出来ない人がいることも事実。

 

そこで万が一、効果を実感できなかった時のための返金方法をまとめてみました。

 

ルルシアの返金保証を使う条件とは?

 

まず始めに、ルルシアの基本的な返金保証を使う際の流れをお伝えします。

 

返金保証を使う時は、事前にサポートセンターへ電話連絡を入れます。

 

  • ルルシアサポートセンター
  • 0120-558-837

 

メールでの受け付けや事前連絡がない場合は、返金保証を受けられない可能性があるので注意しましょう。

 

サポートセンターへ連絡したら以下のモノを用意します。

 

  • 育毛剤容器(初回〜3回目までの最大3本)
  • サプリメント(初回〜3回目までの最大3個)
  • お買い上げ明細書(初回〜3回目までの最大3枚)

 

そしてお買い上げ明細書の空欄に

 

  1. お振込先ご名義 (会員登録のお名前に限ります)
  2. お振込先金融機関名・支店名
  3. 口座種別 (普通、当座など)
  4. 口座番号

 

を記載し返送します。商品が送られてから2〜4週間後に、記載された口座にお金が振り込まれます。

 

育毛剤やサプリメントはすべて使い切ってもOKです。

 

ただし、気を付けなければならないポイントが3つあるので詳しく紹介していきます。

 

返金保証の日数は商品を注文した日から

 

多くの方が間違えやすいので一番最初にお伝えしますが、ルルシアの返金保証のスタートは「商品を注文した日」からです。

 

間違っても「商品が到着した日」ではありません。

 

ルルシアを購入すると注文完了メールが届きますので、その日から90日以内の返金となるので注意が必要です

 

GWや年末年始、土日祝日でも注文することはできますが、発送は休み明けになるので、少しでも長くお試しするなら休み明けの注文をおすすめします。

 

使った育毛剤やサプリメントの空袋は取っておく

 

ルルシアは最大、育毛剤なら3本、サプリメントなら3袋分のお金を返してくれますが、使い切った空の育毛剤やサプリメントの袋は捨てずに取っておくようにします

 

たとえば、3カ月目で「やっぱり効果がないから返金保証を使おう!」って時に2カ月分の空の育毛剤やサプリメントの袋を捨ててしまうと、全額返金保証が受けられません。

 

このような場合は「残っている本数×1カ月分」になります。

 

 

空になったからと言っても、万が一のことを考えて捨てずに取っておくようにしましょう。


 

ついつい中身が無くなると捨ててしまいがちですが、90日間の間は取っておくようにしてください。

 

返金保証が受けられるのは公式サイトのみ

 

返金保証が受けられるのは公式サイトの定期購入のみです。

 

楽天やAmazon、ヤフーショッピングで購入しても返金保証は付いてきません。

 

返金保証が無い商品なら別ですが、返金保証が付いているなら公式サイトが断然、おすすめです^^

 

また、公式サイトで購入したとしても単品の場合は、返金保証の対象外になるので気をつけましょう。

 

返金保証を使う際に聞かれることは?

 

上記でもお伝えしましたが、ルルシアの返金保証を使う際はメールではなく電話連絡が必要になります。

 

その時に「何だかんだ言って返金させてくれないんじゃないの?」って、心配になりますよね?

 

でも、引き留めるような事は一切ないので安心してください

 

 

SNSが流行っている時代、こんなことしたらあっという間に悪い評判が拡散してしまいますからね。


 

ただ、「どうして解約したいのか?」と言うことは聞かれます。

 

そんな時は

 

  • 思っていたような効果が得られなかった
  • 頭皮に合わなかった
  • 金銭的にキツクなった

 

など、どんな理由でもOKです。

 

本当は効果を実感できれば一番ですが、残念ながら全ての方が効果を実感できる商品は存在しません。

 

しかも効果を実感できるかどうかは、実際に使ってみなければ分からないですよね。

 

90日間の返金保証があれば、ほぼリスク無しで試すことができるので気になる方は一度使ってみてはいかがですか^^

 

page top