女性ホルモンの影響で薄毛に!?その原因を詳しく解説!

世界一わかりやすく説明!女性ホルモンと薄毛の関係とは?

ルルシア

 

女性ホルモンというのは、生涯の間にティースプーン1〜2杯分しか分泌されません。

 

けれども、そんなちょっとにもかかわらず女性のカラダや精神状態をコントロールする主要な役割があります。

 

それに伴って、ホルモンバランスを崩すと様々な変調が出現します。

 

女性薄毛においても、女性ホルモンのバランスが崩れることが大きく影響しているんです。

 

 

女性の薄毛とホルモンの関わり、薄毛の改善方法に関してわかりやすくお伝えしていきます。


 

女性の薄毛とホルモンバランスの関連性とは?

 

女性ホルモンにおいてはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が存在します。

 

ルルシア

 

プロゲステロンが主に妊娠・出産に役に立つホルモンというのに対して、エストロゲンに関してはこれとは別に、女性らしさを引きあげたり健康をキープしたりする作用があるとのことです。

 

これを受け、とりわけエストロゲンの分泌量が少なくなると体全体に悪影響を及ぼしてくるのです。

 

男性にはない!女性特有の薄毛

 

女性の薄毛になる原因にはいくつかありますが、このほとんどに女性ホルモンが関係しています。

 

たとえば、女性に一番多い「びまん性脱毛症」というのは、頭部の髪全体が細くなることが特徴的ですが、女性ホルモンの分泌量が少なくなる時期と発症が重なる特徴があることもあって、要因の一つだとのことです。

 

加えて、びまん性脱毛症のもう一つの背景にストレスがありますが、これに関しても女性ホルモンのバランスが崩れることが原因で起きやすくなるのです。

 

生理前にイラついたり気持ちが乱れたりすることは、女性ならば例外なく経験したことがあるのではないでしょうか。

 

 

これはエストロゲンの分泌量が減少し、その代りにプロゲステロンが増加するためです。


 

エストロゲンというのは自律神経を調整し、気持ちをやわらげる作用があるから、生理前に分泌量が減少すると気持ちが安定せずに、ストレスを招いてしまうワケです。

 

このように、女性ホルモンというのは女性の肉体・精神2つの面で緊密に関連しており、これが薄毛をも招いているというわけです。

 

女性ホルモンの減少によって薄毛になるメカニズム

ルルシア

 

女性ホルモンの作用の一つに、髪を健やかにキープするということがあると思われます。

 

女性と男性では女性の方が髪が細そうですが、実を言うと女性の方が太いものなのです。

 

髪の寿命においても女性は4〜6年、男性は3〜5年と言われていて、女性の方が延びているのです。

 

これにより、女性ホルモンが多くある方が髪が太く寿命も長いことが理解できますね。

 

ルルシア

 

髪の寿命の事をヘアサイクルといい、女性のケースでは4〜6年の寿命の大部分は成長期で、最後の2〜3か月で退行期→休止期を経て抜け落ちて行って、少し経つとふたたび新しい髪が成長して成長期を迎えるのです。

 

しかしながら、女性ホルモンの分泌量が少なくなると成長期の時期が短くなって成長途中で抜け落ちてしまったり、成長はしてみても太くならないままだったりするわけです。

 

ホルモンの影響による女性の薄毛の特徴とは?

ルルシア

 

女性ホルモンの影響が大きいと言われる薄毛については、先ほどお伝えしたびまん性脱毛症に加えてにFAGAと産後(分娩後)脱毛症が存在します。

 

FAGAというのはFemale(女性) AGAの略語で、AGAは男性型脱毛症になります。

 

男性ホルモンのテストステロンが少なくなると、この作用をキープするためにDHT(ジヒドロテストステロン)といった強い力をもった男性ホルモンに変化してしまいます。

 

しかしDHTについては強い脱毛作用があるので、DHTがコントロールする頭頂部と前頭部を主として髪が抜け落ちてしまうワケです。

 

FAGAに関しては女性男性型脱毛症とも言われ、女性ホルモンが減少すると相対的に男性ホルモンの作用が強力になるから、女性においても男性同様抜け毛の症状が出るというわけです。

 

びまん性脱毛症とFAGAを同等のものと考える分類方法も見られますが、正確に言えば髪が薄くなる場所も抜ける髪の特徴も違ってくるのです。

 

びまん性脱毛症

 

  • 長く太い髪が抜ける
  • 頭部全体が薄くなる
  • 特に頭頂部と側頭部の髪が細くなる

 

FAGA

 

  • 短く柔らかい髪が抜ける
  • 頭頂部を中心に、前頭部も薄くなることがある
  • 特に頭頂部の髪の密度が低く、柔らかくなる

 

これ以外に、女性ホルモンの影響が特に強力に現れるのが産後(分娩後)脱毛症になります。

 

妊娠中というのは女性ホルモンの分泌量がすっごく増加して、とりわけエストロゲンに関しては最大で血液の中に100倍に増加すると考えられています。

 

エストロゲンというのは髪の寿命を延ばす作用があるので、普通であれば退行期や休止期に入るべき髪が成長期の状態であったり、休止期に入ってからも抜けづらくなったりしていきます。

 

しかしながら出産すると直ぐに女性ホルモンの分泌量というのは妊娠前に戻ります。

 

そうすると寿命を超過していた髪が出産した後いきなり抜け出すというわけです。

 

この時の髪に関しては退行期や休止期に達した、または迎えるべき髪が停滞していた状態ですから、太くしっかりした長い髪です。

 

これは一過性のもので、半年から1年で抜け毛が治まるはずですが、高齢出産や産後ストレスとかでエストロゲンの分泌量が度を越えて減ることがあり、その際はびまん脱毛症に移行してしまうこともあるそうです。

 

ホルモンバランスを整えるには?

 

女性ホルモンというのは生理周期により日常的にバランスが変わるものですが、少しのことで身体的にも精神的にも苦しい症状を起こしますし、この状況が継続していくと薄毛にもなりやすくなっていくのです。

 

出来る範囲でバランスを改善するために、次にあげることを意識しましょう。

 

ストレスを溜めずリラックスする

ルルシア

 

ストレスにより自律神経が不調になると、女性ホルモンのバランスも整わなくなってしまいます。

 

  • 仕事帰りに好きな音楽をスマホで聴く
  • 最寄り駅から家までジョギングする
  • 30分以上かけてのんびり風呂に入る
  • ストレッチや頭皮マッサージをして体全体をほぐす
  • 身体が温まって血の巡りが改善されるものを食べる
  • アロマオイルを嗅いでストレス解消する

 

昼間のストレスに関しては出来るかぎりその日に発散する方法を見つけてください。

 

頭の中が空っぽになることや穏やかになることを発見しましょう。

 

健康的で規則正しい生活を送る

ルルシア

 

今まで不規則な日々を過ごしていた方というのは、体内時計が乱れており自律神経のバランスが崩れているのです。

 

夜は22〜23時前に就寝し、朝の太陽を浴びて起床する状態にすると段々と体内時計が整ってきます。

 

さらに、入眠後30分〜3時間の間の熟睡中に成長ホルモンが分泌され、細胞の再生や生まれ変わりを促してくれるのです。

 

体力作りに関しては、1週間に一回ハードに行うより、日常的に散歩やサイクリングをやった方が効果的であると考えられています。

 

今まで運動をやってこなかった場合、ハードな動きは筋肉を傷つけるデメリットがあります。

 

早歩きする、手を前後に大きく振って歩く、可能ならば階段を利用するだったり、お手軽なことから始めてみてください。

 

また、女性は男性に比べて筋肉が少ないので、熱を生み出しづらくなってます。

 

更には、子宮や卵巣などがある分男性より複雑な構造をしていて、とりわけ腰回りに豊富な血液が回りづらいから、冷えやすくなってしまいます。

 

腰にも筋肉をつけて、女性ホルモンを分泌する卵巣を冷たくしないことを意識しましょう。

 

女性用の育毛剤の使用もオススメです

 

女性用の育毛剤もおすすめできます。

 

女性特有の薄毛が起きる原因の一つがホルモンバランスの乱れですので、女性ホルモンの作用を調整し、働きを促す成分を含有している商品がたくさんあります。

 

さらに、女性ホルモンとは違う要因にもちゃんと応対し、血行促進作用や保湿作用、頭皮の皮脂量調整作用がある成分が入っているので、様々な視点から女性の薄毛に働きかけてくれるでしょう。

 

まとめ

 

女性ホルモンに関してはものすごくデリケートで、おまけに自分の意思で制御できるものではないのです。

 

ですので、日々の生活状況を改善させることが大事です。

 

女性ホルモンの分泌が正しくなれば、髪だけに限らずお肌も美しくなって加齢対策にますし、生理不順やPMSで苦しむケースも少なくなってくるのです。

 

女子力じゃなく「女性力」をアップさせるように、今日からちょっとずつ生活を見直しませんか?

 

 

 

page top